漢方アロマ

漢方アロマとは?

“未病を防ぐ”(※)自然治癒力を高めることが目的。中医学・五行学説に基づいて、体質の状態によって「木・火・土・金・水」の5つのタイプに分類します。これら5種類の物質は、お互いに影響し合って関係性を保っています。

症状やお悩みに適した漢方アロマオイルをお選びいたします。表層・深層リンパ、経路、筋肉、内臓と、体のあらゆる面からアプローチいたします。

※未病とは・・・体がだるい、疲れがとれない等、病気の一歩手前となる不貞愁訴の状態。

五行学説について/木(胆・肝)、火(心・小腸)、土(脾・胃)、金(肺・大腸)、水(腎・膀胱)
西洋式のアロマとの違いは?

漢方由来のハーブの成分を取り入れているため、リラクゼーション効果に加えて、不調の改善を重視しています。

鼻には脳へダイレクトにつながっている神経があり、鼻の粘膜から脳の視床下部に直接作用します。アロマの香りは直接脳に伝わりやすく、司令塔となる脳の状態を変えることから、その効果の高さが期待されています。

漢方アロマは家でも使えるの?

入浴後など、血行が良くなっているときのご使用がおすすめです。冷えが気になる部分(たとえばお腹や腰など)に塗ると効果的。塗り方など、詳しくアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

漢方アロマのメニューはこちら